ナンプレの解き方・ルール&初級編
ここでは、ナンプレのルールと初心者レベルの解き方を解説します。
ナンプレを解くにあたって、最初は「個数の多い数字に注目する」のが定石です。
で、その数字が入っていない列&ブロックの中で、その数字がどこに入るのかを考えていきましょう。
ではでは、解き方の基本的なものを2つご紹介!



 ルール
 ナンプレのルールは、3つあります。
 右の【1】【2】【3】です。

 タテ・ヨコ・ブロックの3種類についてのルールが課されているわけですね。
★ ナンプレのルール ★
【1】 どのタテ一列にも1〜9の数字が1個ずつ入る。
【2】 どのヨコ一列にも1〜9の数字が1個ずつ入る。
【3】 区切られた3×3のどのブロックにも1〜9の数字が1個ずつ入る。

 一応、この3つを覚えてしまえばナンプレに挑戦ができます。
 ただ、ナンプレは列・ブロックともに9マスしかありません。
 なので、ルール【1】【2】【3】は右表の【A】【B】【C】のように言いかえることができます。

ルールを言いかえると
【A】 どのタテ一列にも 同じ数字は入らない
【B】 どのヨコ一列にも 同じ数字は入らない
【C】 区切られた3×3のどのブロックにも 同じ数字は入らない

 ナンプレを解く場合、ルール【A】【B】【C】を適用することがほとんどです。
 だから、ルール【A】【B】【C】を中心に覚えるといいでしょう。

 要は、「タテ・ヨコ・ブロックには同じ数字は入らないんだ」と覚えとこう、ってことですね。

 では、次に、解き方・初級編です。
 以下の2つの方法は、使用頻度がとてつもなく高いです。
 絶対に頭に入れておきましょう!



 1.「レーザー発射!」法
図1


 さて、ナンプレを解き始める際、基本的には個数の多い数字に注目します。
 図1では7が一番多そうですね。7に注目してみます。
 そして、7の入っていない列やブロックを見つけ、そのどこに7が入るのかを考えます。

 ここでは、右上の3×3ブロック(ピンク色)を見てみましょう。
 7は入ってないから、どこかに7が入るハズですね。
 その場所を見つけるために、こんなことをしてみましょう。

   7のある場所からレーザー発射〜!

 ピンク色のブロックへ向かって、タテヨコにずんずん飛ばします。
図2


 図2はレーザー発射跡です。
 矢印に貫かれたマスに7が入らないことはわかりますか?
 ルール【A】【B】を見れば、わかりますね。
 タテヨコに同じ数字は入らないのです。
 だから、残りのマス(水色)に7が入るしかありません。
ルール
【A】 どのタテ一列にも同じ数字は入らない。
【B】 どのヨコ一列にも同じ数字は入らない。
図3


 同じような方法で、図3の水色のマスにはどんな数字が入るのかがわかっちゃいますね。
 タテやヨコにレーザーをばんばん飛ばしてみましょう。

 例えば、右下の4は、右下ブロックへ向けてレーザーを飛ばせばOKですね。
図4


 発射できるのは直線レーザーだけじゃぁないのです。
 レーザーは広範囲にも撃てるんです。

 図4の最右列(ピンク色)に注目しましょう。
 あいているマスが4つ。
 どこに8が入るでしょう?

 今度は、3×3ブロックという広範囲にレーザーを飛ばします!
図5


 矢印に貫かれたマスには8は入らず。
 残りのマスに8は入りますね(図5)。

 タテやヨコのレーザーはルール【A】【B】によるものです。
 広範囲レーザーはルール【C】によるものです。
 区切られた3×3のカタマリには同じ数字は入らないのですね。

 あっ。
 広範囲レーザーは、区切られた3×3ブロック内に発射しましょう!
ルール
【A】 どのタテ一列にも同じ数字は入らない。
【B】 どのヨコ一列にも同じ数字は入らない。
【C】 区切られた3×3のどのブロックにも同じ数字は入らない。

 レーザーを飛ばす方法は、最も基本的な解法です。
 どのナンプレ問題を解くときも最初にレーザーを飛ばす。そういう習慣を身につけましょう!


 2.「あんただけよ」法
 ナンプレを解くといっても、なにもレーザーをばんばん飛ばすだけが能じゃない。
 もうひとつ、方法はあるんです。

図6


 図6の★マスに注目しましょう。
 さて、ここで問題。
 このマスに入る数字は何でしょう?
 ……。
 いや、問題を変えた方がいいな。

 このマスに入らない数字は何でしょう?

 ルール【A】【B】【C】をすべて駆使しましょう。
ルール
【A】 どのタテ一列にも同じ数字は入らない。
【B】 どのヨコ一列にも同じ数字は入らない。
【C】 区切られた3×3のどのブロックにも同じ数字は入らない。
図7


 実は、9以外の数字は入らないんです。
 検証してみましょう。

 ルール【A】によると、1・2・4はダメ。
 ルール【B】によると、5・7・8はダメ。
 ルール【C】によると、3・6はダメ。

 というわけで、9以外はどれもダメなのです。
 なので、★マスには9が入ります。
図8


 上の文章を読んで「メンドウだなぁ」って思った方、普段はこんなたいそうなもんじゃぁありません。
 九者択一なんてそうそうありません。

 図8。
 最上段には空きマスが3つありますね。
 入っていない数字は2・8・9。
 選択肢は3つ。
 ここで、★マスに注目しましょう。
図9


 そのマスの下を見ていくと……なんと、2と9がある!

 ということは、ルール【A】により、★マスには2と9は入りません。
 つまり、8だけしか入らないことになりますね。
ルール
【A】 どのタテ一列にも同じ数字は入らない。

 「あと数字1〜3個でこの列やブロックが全部埋まる!」というとき、あんただけよ法を使ってみてください。
 すんなりと数字が入ることがあります。



もどる
TOPへ

EPSILON ★ DELTA
管理人:E坂もるむ