【解法】2-String Kite

 2-String Kite は、ブロックを仲介してタテ1列とヨコ1列が連携し合う解法です。
 名前「2本糸の凧」の通り、タテヨコ2列が作用します。

1.どういう解法?

 2-String Kite は、タテ1列・ヨコ1列・ブロック1個が舞台。
 そして、その中の4マスが話を繰り広げます。
 その4マスがタテ・ヨコ・ブロックと連携して、1マスにピンポイントに作用する。
 そんなささやかな解法です。

図 1-1

 図1-1、青色ヨコ列とピンク色タテ列の2列を見てみましょう。
 その2列において数字1の入り得るマスを探したら、ともに2カ所ずつしかなかったとします。
 この4マスには次の特徴があります。

  • 青色ヨコ列において、数字1は●と○にしか入らない。
  • ピンク色タテ列において、数字1は▲と△にしか入らない。
  • ●と▲は同じブロックに属している。
  • ●と○は異なるブロックに属している。▲と△も同様。

 列とブロックが●と▲を介してつながっているような、そんな感じ。
 ●○▲△4マスがL字型っぽい並びになっている。
 これが 2-String Kite の特徴です。

図 1-2

 さて、前図1-1 からはどういう結論が得られるんでしょう?
 結論はこうなります。

  • ○と△の両方と列を共有するマスが1つある。そのマスに数字1は入らない。

 図1-2 だと、×印のマスが該当します。
 このマスは○とタテ列を共有し、△とヨコ列を共有しています。
 このマスに1は入らないというわけです。

 なぜ、こういう結論になるんでしょう?
 それは、○と△の少なくとも一方に必ず数字1が入るからなんです。
 それを解説しましょう。

図 1-3

 ●と▲は同じブロックに属しています。
 だから、●と▲の両方に数字1を入れるというわけにはいきません。
 つまり、●と▲のうち少なくとも一方には1が入らないことになりますね。

 ●に1が入らない場合、○に必ず1が入ります。
 ▲に1が入らない場合、△に必ず1が入ります。
 というわけで、次のことが成り立つんです。

  • ○と△の少なくとも一方に必ず数字1が入る。
図 1-4

 そうなると、前図1-3 の★マスに影響が出るんです。
 そのマスに数字1は入らなくなる!

 なぜか?
 ○は★と同じタテ列に属しています。
 △は★と同じヨコ列に属しています。
 だから、○と△のどちらに数字1が入ったとしても、★マスには数字1を入れることができないわけなんです。

 図1-2 の結論通りですね😊
 これが 2-String Kite という解法です。

2.実際に使ってみよう!

 次は、実際の盤面で 2-String Kite を使ってみましょう。

図 2-1

 図2-1 では、とあるマスに数字が判明します。
 それを 2-String Kite で突き止めましょう。

 ここでは数字7に注目して、7の入り得るマスを探してみます。

図 2-2

 青色とピンク色の2列、これが今回の 2-String Kite の舞台です。

 この2列を調べると、数字7はともに2カ所にしか入れられません。
 青色ヨコ列では●と○の2つ。
 ピンク色タテ列では▲と△の2つ。
 図2-2 の通りです。

 ●○▲△の位置関係を見てみると……まさにピッタリの配置ですね!
 ●と▲が同じブロックに含まれていますしね。

 さぁ、舞台は整いました。
 あとは 2-String Kite を使うだけ!

図 2-3

 では早速使ってみましょう。
 こうなります。

  • 図2-3、×印のマスに数字7は入らない。

 理由を簡単に説明しましょう。
 ●と▲に同時に数字7を入れるわけにはいかない。
 そのため、○と△のどちらかには必ず数字7が入る。
 こういうわけですね。

 というわけで、×印のマスに数字7を入れることができなくなりました(図2-3)。

図 2-4

 うまく 2-String Kite が使えましたね!
 もぅちょっと解き進めてみましょう。

 前図2-3 の×マスの属する列やブロック全域に目を通すと、×印マスには7と9しか入れられないことがわかります。
 そして、2-String Kite のおかげで数字7も入れられなくなった。

 というわけで、そのマスに数字9が確定しちゃいました😄

 2-String Kite は1マスにしか作用できない解法ですが、終盤あたりだとこれが決め手となることもあります。
 覚えておいて損はない解法です。

3.Grouped 2-String Kite

 少し複雑なパターンもあるので、それをちょいと紹介します。
 まずはブロック内部の2マスがグループになった場合です。

図 3-1

 図3-1、青色ヨコ列とピンク色タテ列の2列を見てみましょう。
 その2列において数字1の入り得るマスを探したら、ともに3カ所ずつしかなかったとします。
 この6マスには次の特徴があります。

  • 青色ヨコ列において、数字1は●●○にしか入らない。
  • ピンク色タテ列において、数字1は▲▲△にしか入らない。
  • ●●▲▲は同じブロックに属している。
  • ●と○は異なるブロックに属している。▲と△も同様。

 ●も▲も1個ずつ増えて、ちょっと複雑になりました。
 この場合も、2-String Kite が使えるんです。

図 3-2

 前図3-1 からはこういう結論が得られます。

  • ○と△の両方と列を共有するマスが1つある。そのマスに数字1は入らない。

 図3-2 だと、×印のマスが該当します。
 このマスは○とタテ列を共有し、△とヨコ列を共有しています。
 このマスに数字1は入らないというわけです。

 なんと、図1-2 とまったく同じ!
 そして、理由も同じで、○と△の少なくとも一方に数字1が入るからです。
 図3-3 で軽く説明します。

図 3-3

 4マス●●▲▲はすべて同じブロックに属しています。
 だから、この4マスに数字1を入れるとしても、最大1マスにしか入れられません。
 つまり、●●と▲▲のうち少なくとも一方は2マスともに1が入りません。

 ●●の2マスとも1が入らない場合、○に必ず1が入ります。
 ▲▲の2マスとも1が入らない場合、△に必ず1が入ります。
 というわけで、次のことが成り立つんです。

  • ○と△の少なくとも一方に必ず数字1が入る。

 というわけで、×印のマスに数字1は入らないことになるんです。
 図3-2 の結論通りですね😊

4.Dual 2-String Kite

 これまでのセクションでは、糸が2本(タテヨコ計2列)のパターンを解説しました。
 このセクションでは、糸が4本のパターンを解説します。
 タテヨコ2列ずつになって、これもまた複雑な形です。

図 4-1

 図4-1、今度はヨコ列とタテ列が2列ずつになりました!
 ちょっと豪華😊
 この4列において数字1の入り得るマスを探したら、どれも2カ所ずつしかなかったとします。
 この6マスには次の特徴があります。

  • 青色の各列において、数字1は●と○にしか入らない。
  • ピンク色の各列において、数字1は▲と△にしか入らない。
  • ●は青色2列の交差箇所、▲はピンク色2列の交差箇所にある。
  • ●と▲は同じブロックに属している。
  • ●と○は異なるブロックに属している。▲と△も同様。

 列が増えて、ちょっと複雑になりました。
 右上ブロックみたいに、○と△が同じブロックに属していることもあります。

図 4-2

 この場合はどういう結論になるんでしょう?
 こうなります。

  • ○と△の両方と列やブロックを共有しているマスがある。そのマスに数字1は入らない。

 図4-2 だと、×印の5マスが該当します。
 赤色×マスは上の○とタテ列を共有し、左の△とヨコ列を共有しています。
 青色の×マスは上の△とタテ列を共有し、左の○とヨコ列を共有しています。
 緑色の×マスは○△両方とブロックを共有しています。
 この5マスに数字1は入らないというわけです。

 なぜこうなるのか。
 解説していきましょう。
 赤色・青色・緑色、個別に説明します。

図 4-3

 ○と△は2つずつあるから、番号を付けましょう。
 ○1212 としておきます。

 前図4-2 の形、実は 2-String Kite が2つ重なっているんです。
 そのうちの1つは 図4-3。
 この場合、こういうことが成り立ちます。

  • 1 と △1 の少なくとも一方に数字1が入る。

 赤色×印のマスに数字1が入らないことがわかりました。

図 4-4

 もうひとつはこの形です。
 これも 2-String Kite の形ですね。
 この場合はこうなります。

  • 2 と △2 の少なくとも一方に数字1が入る。

 青色×印のマスに数字1は入れられません。

図 4-5

 そして、実は、オマケでもうひとつある!
 ただ、2-String Kite とは関係ないですが😅

 これは、言わば Skyscraper の亜種と言える形です。
 Skyscraper では●と▲は同じ列に属していますが、図4-5 では同じブロックに属しています。
 そこがちょっと違う。

 この場合も、Skyscraper と同様の論法が成り立ちます。
 ●▲両方に数字1を入れるというわけにはいかないので、こうなるんですね。

  • 1 と △2 のどちらかに数字1が入る。

 よって、緑色×印のマスには数字1を入れられません。
 というわけで、赤色・青色・緑色合わせて5マスに数字1は入らないわけですね。

5.もし凧に糸がなかったら……

 ここからは余談です。
 「2-String Kite」という名前の通り、この解法は見た目が「2本糸の凧」のように見えるのが特徴です。
 現実世界では、凧揚げをしてたら糸が切れちゃった……なんて悲しい経験をした方々も数多くいるかもしれません🥺
 そこで、「糸が切れたら凧はどうなるの?」という話をしようと思います。

 あっ。
 もちろん、ハサミで切るとか喧嘩凧とかじゃぁありません😅
 正しくは「糸が凧の内部にスッポリ収まっていた場合はどうなるか?」を解説していきます。

図 5-1

 まずは、名前「2-String Kite」の由来を説明しましょう。
 Skyscraper のページでも説明しているので、ここでは軽くおさらい。

 ●と▲の属するブロックを本体に見立てて、●と○を糸のように結ぶ。
 ▲と△も同じく結ぶ。
 これで2本糸の凧のように見える。
 これが名前 2-String Kite の由来です。

 図5-1 は次の状況だとしておきます。

  • ヨコ糸の列において、数字1は●と○にしか入らない。
  • タテ糸の列において、数字1は▲と△にしか入らない。
  • ●と▲は同じブロックに属している。
  • ●と○は異なるブロックに属している。▲と△も同様。

 大事なことなのでもう一度述べますが、●と○が同じブロックに居てはいけません。
 ▲と△も同様です。
 つまり、糸はちゃんと凧本体の外に出ていないとダメということなんです。

 じゃぁ、ここで疑問を1つ投げてみましょう。

もし片方の糸が凧の中にスッポリ収まってたらどうなるの?
あるいは、2本とも収まってたら……?

 具体的には「●と○(または▲と△)が同じブロックに居たらどうなるの?」ということですね。
 このセクションでは、そういう話をしてみようというわけです。

図 5-2

 まず、糸1本がスッポリ収まっていた場合はどうなるか。
 図5-2 のように、▲と△がブロック内部に属していた場合です。

 一応、この場合でも解法 2-String Kite は使えるっちゃぁ使えます。
 「×印マスに数字1は入らない」という結論は出せます(図5-2 ×印)。
 しかし、2-String Kite を使う意味はありません。
 なぜなら、もっと効率的な方法があるからです。

 タテ糸の列のおかげで、2マス▲, △のどちらかに必ず数字1が入ることが約束されています。
 よって、青色ブロックではマス●に数字1を入れられない。
 つまり、こういう結論が得られるんです。

  • マス○に数字1が確定する。

 こっちの方が効率的ですよね。
 「×印マスに数字1は入らない」を内包してますし。

 ちなみに、図5-2 で使った解法は Locked Candidates (Claiming) です。
 その解法については ステルス座布団レーザー発射! のページをご覧ください。

図 5-3

 次に、糸が2本とも収まっていた場合はどうなるか。
 図5-3 のように、●○▲△がすべてブロック内部に属していた場合です。

 この場合は……残念ながら悲劇が起こります🥺
 もはや凧として機能しないのです。

 前図5-2 と同様に、2マス▲, △のどちらかに必ず数字1が入ります。
 しかし、2マス●, ○のどちらかにも必ず数字1が入ります。
 つまり……こうなってしまう!

左上ブロックに数字1が2個入っちゃう。

 ああぁ〜こりゃ不合理だ😵
 実は、この盤面はもぅ破綻してしまっているんです。

 2-String Kite も現実の凧も、糸がなくなれば機能はしません。
 糸のない凧なんてただのペラ紙でしかない。

 糸があった頃は大空を我が物のように駆けていたのに、糸を失った今、それはもう叶わぬ夢となる。
 物置に仕舞われ、もう二度と遊んでくれることはない。
 爽やかな風を感じて幸せだった日々。
 あの日々はもう、もう帰ってこない。

 オモチャが壊れた時って、本当に悲しい気持ちになりましたよね🥺
 お気に入りのオモチャならなおさら。どれだけ泣きじゃくったことか。
 やっぱり、物は大事に扱わないといけませんね。

 ……あっ。
 「糸が切れたら糸を付け直せばいいじゃねぇか」とかいうツッコミは勘弁してください😅
 正論すぎて返す言葉がありません😅

参考・参照

更新履歴