【解説】Sashiminess

 Fish 系の解法はベースセットとカバーセットを基本として論理展開されていきますが、それに付随する形でさらに奥深い概念も存在します。
 このページでは、sashimi について解説していきます。
 このページを理解するためには、ベースセットとカバーセットexofin を理解している必要があります。

1.Fish が退化する !?

 まずは、Sashimi 型 Fish の大きな特徴である「Fish の退化」について解説します。
 すでにご存じの方々はセクションに進んじゃってください😊

図 1-1

 Swordfish を例に話を進めていきましょう。
 図1-1、Fish は以下の状況になっています。

  • 青色ヨコ3列において、数字1の入り得るマスは★のみ。
  • そして、その★マスすべてを黄色タテ3列で覆い尽くせた!

 青色3列をベースセット、黄色3列をカバーセットと呼びました。

 さて。
 図1-1 の盤面、★の個数は9個よりも少ないですね。
 しかし、ベースセット/カバーセットのページで補足説明した通り、これは正当な Swordfish です。

図 1-2

 さて。
 ★の配置をよく見ると……、一番下のヨコ列には★が1個しかありません。
 あれ? その列に数字1が確定しちゃうじゃん!
 というわけで、その★マスに数字1を入れましょう。

 すると、他の青色列では数字1の入り得るマスが2個ずつに減りました。

なんと!
Swordfish が X-Wing に変わってもぅた!

 ★の配置によっては、一部のマスに数字1が確定して列数が減ってしまう。
 このように、元の Fish から列数が減ってしまい、小サイズの Fish に姿を変えてしまうことがあるんです。
 これを Fish が退化する と言います。

 退化のパターンはいくつかあります。
 簡単なのは、図1-2 みたいに1サイズ小さくなるというパターンですね。
 他には、Jellyfish が2個の X-Wing に分裂したりします。4列のように見えて実は2列×2だったという……。
 極端な場合だと、どの列にも次々と数字1が確定してしまって Fish 自体が消滅! ……なんて可能性もあったり。
 退化を通り越しちゃう😅

 このページでは、1マスにだけ数字1が確定して Fish が1サイズ退化する場合のみを扱うことにします。
 退化のパターンはいっぱいあるけれど、複雑なパターンはここでは扱いません。

図 1-3

 もうひとつ、Swordfish の例を紹介しましょう。
 今度は、カバーセットのとある黄色列には★が1個しかありません。

 実は、この Fish も退化するんです。
 なぜなら、Fish にはこういう結論があったからです。

  • カバーセットにおいて、★以外のすべてのマスに1を入れられなくなる。

 つまり、図1-3 の黄色マスに数字1は入れられない。
 ★以外の黄色マス、全滅!
 ……だったわけですね。

図 1-4

 というわけで、その黄色列では数字1は★マスに入るしかない。
 すると、他の2列に影響が出て、1の入り得るマスが2個ずつに減っちゃいます。

 Fish は2行2列の X-Wing に退化するんですね。

 Sashimi 型の Fish 系解法では、この Fish の退化が関わっています。
 それを軽く踏まえながら、以降のセクションをご覧ください。

2.Sashimi Fish とは何ぞや?

 このセクションでは、Sashimi Fish を説明します。
 前セクションで説明した「Fish の退化」も現れます。

2-1.こういう Fish です

図 2-1

 図2-1 を見てみましょう。
 青色ヨコ3列において数字1の入り得るマスを探した時、★の9カ所しかなかったとします。
 これら9マスは……整列していると言っていいんだろうか?
 んもぅ明らかに列を乱しまくってんのが約2名😅

 それでもまぁ、3行3列の整列っぽくは見える。
 じゃぁ、タテ3列で覆ってみましょうか。

図 2-2

 やっぱり★が2個漏れちゃいました😅(図2-2 右下)
 そりゃ漏れるよねー😅
 青色ベースセットの★マスを黄色カバーセットで覆いきれませんでした。
 あぁ残念😞

 というわけで、前図2-1 からはこういう状況になりました。

  • 青色ヨコ3列において、数字1の入り得るマスは★のみだった。
  • そして、その★マスを黄色タテ3列で覆ってみた。
  • すると、★マスが2個漏れてしまった。

 この漏れてしまった★マスのことを fin と呼びます。
 fin は「ひれ」という意味です。
 "Fish" 系の解法らしく、魚の「ひれ」ですね。

 Exofin のページでは exofin を紹介していますが、それとまったく同じものです。
 このページでは、exofin ではなく fin と呼ぶことにしましょう。

図 2-3

 さて、この Fish にはさらに大きな特徴があります。

 前図2-2 の Fish、どの青色列を見ても★マスは2つ以上ありますね。
 だから、直ちに数字1が確定するわけではありません。
 ただ、仮に fin をすべて取り除いたとしたらどうなるでしょう?

 取り除いた直後はただの Swordfish になります。
 だけど、その Swordfish をよく見ると…… おぉ、一番下のヨコ列、★が1個しかないじゃないの!
 そうなると、その★マスに数字1が確定する。
 そして、Swordfish が X-Wing に変わってしまう(図2-3)。
 なんと、Fish が退化しよった!

 こういうふうに、fin を持つ Fish のうち、その fin をすべて取り除くと退化してしまうものがあります。
 このような Fish のことを Sashimi Fish と言います。
 前図2-2 は Sashimi Swordfish ですね。

 ここで、ひとつ白状します。
 実は、Sashimi Fish と Finned Fish には本質的な違いはありません。
 なぜなら、両者とも Fish の形は本質的に同じだからです。
 どちらも「★マスのタテヨコ整列に fin がくっついたもの」なんです。

 じゃぁ、何が違うのか。
 それは、仮に fin を全消ししたら Fish が退化するのか、それとも退化しないのか。
 それだけ😅
 前者を Sashimi、後者を Finned と区別しているだけなんです。

 というわけで、Finned Fish の解法をご存じの方々はここから先を読む必要はありません。
 だって、論理展開も結論もまったく同じなんだもの😓
 でも、それじゃぁこのページの意味がないから、一応 Sashimi Fish から得られる結論を以下で解説していくことにしましょう。

2-2.どういう結論になるの?

 さて、Sashimi Fish からはどういう結論が得られるんでしょう?
 それを解説していきます。

図 2-4

 実は、単に fin が散らばっているだけだと何の結論も得られません。
 しかし、すべての fin と同じブロックに属している黄色マスがある場合、次の結論が得られるんです。

  • カバーセット内部の★以外のマスのうち、すべての fin と同じブロックに属しているマスがある。そのマスに数字1は入らない。

 図2-4 だと、×印の2マスが該当します。
 この2マスはカバーセット内部にあり、かつ、すべての fin と同じブロックに属しています。
 この2マスに数字1は入らなくなるんですね。

図 2-5

 なぜこういう結論になるんでしょう?
 それを解説しましょう。

 とりあえず言えるのは、次のどちらかが必ず成り立つということです。

  • どれかの fin に数字1が入る。
  • どの fin にも数字1は入らない。

 この両者についてそれぞれ論理展開していきましょう。

 まずは前者。
 これは簡単です。
 fin のどちらに数字1が入ろうとも、同じブロック全体に数字1が入らなくなります(図2-5 ×印)。

図 2-6

 次に後者。
 この場合は、fin がすべてなくなります。
 つまり、ただの Fish に様変わり!

 様変わりした時点では、その Fish は Swordfish です。
 しかし、一番下の青色ヨコ列では数字1は★マスにしか入れられなくなってますね。そのマスに1を確定させましょう。
 すると、Swordfish は X-Wing に退化しちゃいますね。

 ということで、最終的には★以外のすべての黄色マスに数字1が入らなくなります。
 退化はしたけど、★以外の黄色マス、全滅!(図2-6 ×印)。

図 2-7

 図2-5 と 図2-6、両者のうち一方が成り立ちます。
 2つの図を見比べてみると……おぉ、共通して×印のついているマスがありますね!
 そのマスに数字1は入らないということが言えるんです。
 具体的には 図2-7 の2マスです。

 図2-4 の結論通りになりましたね😄

2-3.もうひとつのパターン

図 2-8

 もうひとつのパターンを紹介しましょう。

 今度は、ある黄色タテ列に★マスが1個しかありません。
 そして、その★マスと fin はタテに並んでいませんが、両者の属するブロックはタテに並んでいます。

 これも Sashimi Fish(Sashimi Swordfish)です。
 実際、右下隅の fin をすべて取り除くと、右側黄色列の★マスに数字1が確定して X-Wing に退化しちゃいますね。

図 2-9

 この場合も結論は同じです。

  • カバーセット内部の★以外のマスのうち、すべての fin と同じブロックに属しているマスがある。そのマスに数字1は入らない。

 図2-9 だと、×印の2マスが該当します。
 この2マスはカバーセット内部にあり、かつ、すべての fin と同じブロックに属しています。
 この2マスに数字1は入らなくなるんですね。

図 2-10

 理由は 図2-5~図2-7 で示したのと同様です。
 次の両者をそれぞれ論理展開していけばOKです。

  • どれかの fin に数字1が入る。
  • どの fin にも数字1は入らない。

 前者の場合は、青色★マスのどちらかに数字1が入る。
 後者の場合は、右端の黄色列では数字1は赤色★マスに入れるしかない(ついでに Fish が退化する)。

 結局、青色・赤色★マスのどれかには必ず数字1が入るから、×印の2マスに数字1を入れられないというわけです。
 図2-9 の結論通りになりましたね😄

3.複雑な Sashimi Fish

 セクションで解説した Sashimi Fish はそれほど難しい概念ではありません。
 しかし、Fish には Franken Fish や Mutant Fish もありましたね。
 もちろん、それらにも Sashimi があるんです。
 このセクションでは、そういう複雑な Sashimi Fish を紹介します。

 ……とその前に、house という用語を紹介しましょう。
 house とは、タテ列・ヨコ列・ブロックの総称です。
 これは英語のナンプレ解説サイトでも使われている用語で、英語の解説を読むと house というワードがやたらと現れます。
 以降では、house はタテ列・ヨコ列・ブロックのどれかを指すものだと考えちゃってください。

3-1.Sashimi Franken Fish

図 3-1

 さて、図3-1 の盤面、こういう状況になっています。

  • 青色ヨコ3列において、数字1の入り得るマスは★のみだった。
  • そして、その★マスを3個の黄色 house で覆ってみた。
  • すると、★マスが2個漏れてしまった。

 ベースセットは青色のヨコ3列です。
 カバーセットは黄色のタテ2列&ブロック1個です。
 漏れた★マス2個が fin です。

 そして、fin をすべて取り除くと Fish が退化することを確認してみてください。
 一番上の青色ヨコ列に数字1が確定して、ベースセットもカバーセットも house が2個ずつに減っちゃいます。

 ということで、図3-1 は Sashimi 型の Franken Swordfish ですね。
 これを Sashimi Franken Swordfish と言います。
 名前が長ぇ😓

図 3-2

 セクション2-2では「すべての fin と同じブロックに属している黄色マスがある場合、結論が得られる」と説明しました。

  • カバーセット内部の★以外のマスのうち、すべての fin と同じブロックに属しているマスがある。そのマスに数字1は入らない。

 これは一般的な表現ではありません。
 ここでは、もっと一般的な言い方をしましょう。
 こうなります。

  • カバーセット内部の★以外のマスのうち、どの fin とも house を共有しているマスがある。そのマスに数字1は入らない。

 図3-2 だと×印の2マスが該当します。
 その2マスはどの fin ともブロックを共有しています。
 この2マスに数字1は入らないというわけです。

 なんだかこれだけだと「言い方を変えただけじゃないの?」と言われそう😅
 実は、fin が異なるブロックに属している場合があるんです。
 どの fin とも house を共有しているマス、これがカバーセット内部に存在するかどうかなんですね。

 文字だとピンとこないかもしれない😓
 セクション3-2で具体例を挙げて説明しましょう。

3-2.Sashimi Mutant Fish

図 3-3

 図3-3 の盤面はこういう状況になっています。

  • 4個の青色 house において、数字1の入り得るマスは★のみだった。
  • そして、その★マスを4個の黄色 house で覆ってみた。
  • すると、★マスが4個漏れてしまった。

 ベースセットは青色のタテ2列&ヨコ2列です。
 カバーセットは黄色のタテ2列&ヨコ1列&ブロック1個です。
 漏れた★マス4個が fin です。どれも盤面下部にあります。
 図3-3 は fin の付いた Mutant Jellyfish ですね。

 4個の fin がすべて同じブロックに属しているというわけではありません。
 1個だけ違いますもんね。
 そこにも少し注意してください。

図 3-4

 図3-3 の Fish、パッと見では Sashimi には見えなさそう。
 でも、これは Sashimi なんです。

 ちょいと試しに fin をすべて取り除いてみましょう。
 すると、右側の青色タテ列では★マスが1個しかなくなりますね。そこに数字1が確定して…… Mutant Swordfish に退化しちゃいました。
 というわけで、これは正真正銘の Sashimi Mutant Jellyfish です。

図 3-5

 図3-2 でも述べましたが、結論はこうなります。

  • カバーセット内部の★以外のマスのうち、どの fin とも house を共有しているマスがある。そのマスに数字1は入らない。

 図3-5 だと×印の1マスが該当します。
 そのマスはカバーセット内部にあり、左端の fin とはヨコ列を共有し、残り3つの fin とはブロックを共有しています。
 そのマスに数字1は入らないというわけです。

図 3-6

 セクション2-2と同じ説明になっちゃいますが、なぜ 図3-5 の結論が得られるのかを解説しましょう。

 とりあえず言えるのは、次のどちらかが必ず成り立つということです。

  • どれかの fin に数字1が入る。
  • どの fin にも数字1は入らない。

 この両者についてそれぞれ論理展開していきましょう。

 まずは前者。
 fin は4つありますね。青色の★です(図3-6)。
 fin の位置関係を見てみると、どの fin とも house を共有しているマスがカバーセット内部に存在しています。×印のマスです。
 ×印マスと fin の位置関係により、どの fin に数字1が入ろうとも×印マスに数字1は入りません。

図 3-7

 次に後者。
 この場合は、fin がすべてなくなります。
 つまり、ただの Mutant Jellyfish に様変わり!
 さらに退化して Mutant Swordfish にもう一度様変わり!

 ということで、★以外のすべての黄色マスに数字1が入らなくなります。
 ★以外の黄色マス、全滅!(図3-7 ×印)

図 3-8

 図3-6 と 図3-7、両者のうち片方が成り立ちます。
 2つの図を見比べてみると……おぉ、共通して×印のついているマスがありますね!
 そのマスに数字1は入らないということが言えるんです。
 具体的には 図3-8 の1マスです。

 図3-5 の結論通りになりましたね😄

更新履歴