【解法】X-Wing

 X-Wing は2行2列に注目した解法で、矩形の対角線部分がカギとなります。
 1つの候補数字を2列まるごと減らせるのが特徴です。

1.どういう解法?

 X-Wing の舞台は平行な2列。
 その中に住む4マスが繰り広げる世界です。
 その4マスは矩形状に綺麗に並び、4マスの位置関係が抜群の効果を発揮する!

図 1-1

 図1-1 の青色&ピンク色のヨコ2列を見てみましょう。
 この2列において数字1の入り得るマスを探したら、次の状況だったとします。

  • 青色ヨコ列において、数字1は●と○にしか入らない。
  • ピンク色ヨコ列において、数字1は△と▲にしか入らない。
  • 4マス●○▲△は矩形状に並んでいる。

 実は、矩形状というのが大きなミソでして。
 ヨコ2列に並んだ4マス達が、今度はタテ2列に大きな影響を及ぼしていくんです。

図 1-2

 さて、前図1-1 からはどういう結論が得られるんでしょう?
 こうなるんです。

  • ●と△の属するタテ列では、●と△以外のマスに数字1は入らない。
  • ○と▲の属するタテ列では、○と▲以外のマスに数字1は入らない。

 図1-2 だと、×印のマスが該当します。
 このマスに数字1を入れられなくなるんです。
 うわ〜なんという凄まじいバツっぷり! タテ2列がバッサリ!
 こんなにも数字1が入らなくなっちゃうんですね。

 なぜ、こういう結論になるんでしょう?
 それは、次の2つが判明することになるからです。

  • ●と△のどちらかに必ず数字1が入る。
  • ○と▲のどちらかに必ず数字1が入る。

 それを解説しましょう。

図 1-3

 まず、●○▲△のうち2マスにだけ数字1が入ることはすぐにわかります。ヨコ列に1個ずつですね。
 そして、●○▲△が矩形状に並んでいることから、数字1の入れ方は次の2通りしかありません。

  • ●と▲の2マスに入れる。
  • ○と△の2マスに入れる。

 対角線の位置に数字1が並ぶわけですね。
 同じ数字をタテにもヨコにも並べるわけにはいかないから、ナナメに並べるしかないんです。

図 1-4

 ●と▲に1が入る。
 ○と△に1が入る。
 この2通りから何が言えるのか。

 実は、その2通りのどちらであったとしても、次の2つが成り立つんです。

  • ●と△のどちらかに必ず数字1が入る。
  • ○と▲のどちらかに必ず数字1が入る。

 前者により、左側の黄色タテ列では●と△以外のマスに1は入れられません。
 後者により、右側の黄色タテ列では○と▲以外のマスに1は入れられません。
 というわけで、2列にわたって数字1を入れられなくなっちゃうんです。

 図1-2 の結論通りになりましたね😄
 これが X-Wing という解法です。
 2列まるごと数字1が入らないという!
 ずいぶん豪快な結末になりましたね。

 上記の例では、青色&ピンク色はヨコ列、黄色はタテ列でした。
 もちろん、タテヨコ逆でも理屈は同じです。
 タテヨコ逆の場合は、セクションで実例を挙げて解説していきましょう。

 このページは、単に X-Wing の概要を知りたいという方々へ向けて書いたものです。
 X-Wing は Fish 系解法の一種ですが、Fish 系を深く理解するためには2つの概念を必ず知らなければいけません。
 それは ベースセットカバーセット です。
 どの Fish 系解法もベースセットとカバーセットを使って論理展開していくので、この2セットを使いこなせれば Fish 系はもぅ完璧にわかります。
 この2セットによる X-Wing を知りたい方々は ベースセットとカバーセット のページをご覧ください。

2.実際に使ってみよう!

 次は、実際の盤面で X-Wing を使ってみましょう。

図 2-1

 図2-1 では、とあるマスに数字が判明します。
 それを X-Wing で突き止めてみます。

 ここでは数字9に注目して、9の入り得るマスを探してみます。

図 2-2

 青色とピンク色の2列に注目しましょう。

 両者を調べると、数字9はともに2カ所にしか入れられません。
 青色の列では●と○の2つ。
 ピンク色の列では△と▲の2つですね(図2-2)。

 そして、●○▲△の4マスは……おぉ! ちょうど矩形状に並んでる!
 まさに X-Wing の使える形ですね。
 使ってみましょう!

図 2-3

 セクションで説明した通り、4マス●○▲△については次のどちらかが成り立ちます。

  • ●と▲の2マスに数字9が入る。
  • ○と△の2マスに数字9が入る。

 そのため、●と△のどちらかに必ず9が入ります。
 だから、上側の黄色ヨコ列では×印のマスに9を入れられません(図2-3)。

 同様に、○と▲のどちらかに必ず9が入ります。
 だから、下側の黄色ヨコ列でも×印のマスに9を入れられません(図2-3)。

 なんと、8マスも数字9が入らなくなっちゃいました!

図 2-4

 うまく X-Wing が使えましたね!
 もぅちょっと解き進めてみましょう。

 ★マス(図2-4)に注目しましょう。
 前図2-3 での説明により「★マスに9を入れられなくなっている」ということに注意してください。

図 2-5

 ★マスの属する列やブロック全域に目を通すと、★マスには1と9しか入れられないことがわかります。
 そして、★マスには9が入らないということも既に判明しています。

 というわけで、★マスに1が確定しちゃいました😄

 X-Wing の大きな魅力は、簡単に言うと2列まるごと数字が入らなくなるというところです。
 大量のマスに影響を及ぼす。まさに効率の極み!

 ある列を見て数字nが2マスにしか入らない時、別の列も見てみましょう。
 すると、その列でも数字nが2マスにしか入らないことが判明して、合計4マスが矩形状に並んでいるかもしれません。

3.Fish 系解法は名前が豊富

 ここからは余談です。
 Fish 系解法の名前を紹介します。

 X-Wing は2列に対する解法ですが、もちろん、3列以上に対する解法もあります。
 例えば、3列は Swordfish、4列は Jellyfish と呼ばれ、当サイトでも解説しています。
 また、当サイトでは解説していませんが、5列以上に対する解法もあります。

 実は、2〜7列すべてに名前が付いているんです。
 列数に対して固有の名前が付いているのも Fish 系の特徴ですね。

 そういや、なぜか5列だけは名前が特殊なんですよね〜。
 なんと、辞書に載ってない! おそらく造語です。
 一応「squirm bag」と捉えると「もぞもぞ動くカバン」みたいな解釈はできるかも。
 でも、それだと海とまったく結びつかん😅
 ていうか、意味わからん😅

 ちなみに、5列は Starfish と呼ぶこともあります。
 これは普通の英単語ですね。辞書にも載ってる。
 しかも、偶然なのか意図的なのか「5」に関する単語という……。

 「ヒトデ」ですね。

更新履歴